TEI

デジタルアーカイブにおけるテクスト資料の扱い: 図書館向けのTEI活用法

TEI

前回記事に続けてもう一つ、デジタルアーカイブにおけるテクスト資料の扱いについての記事です。 ここまで、このブログでTEIに関する話を読んできていただくと、「そんなに細かいタグを付けるのは大変だ」と思ってしまわれる人も結構おられるのではないかと…

デジタルアーカイブにおけるテクスト資料:TEIでの電子版と元資料の書誌情報

TEI

やや間が空いてしまいましたが、先日より何度かご紹介しているTEI (Text Encoding Initiative)に関するご紹介の続きです。 先週、カナダのモントリオールにて開催されたDigital Humaities 2017というカンファレンスで、TEIコミュニティが賞をもらいました。…

青空文庫の『走れメロス』をTEIで

TEI

前回・前々回に引き続き、TEIの話です。前回、ごく基本的なマークアップでもOKだということを少し書きましたが、それでは試しに、ということで、青空文庫の『走れメロス』をTEIにて書いてみました。それがこちらになります。 特に説明するようなことはあまり…

TEIへの取り組み方

TEI

TEIに取り組むには、一人で取り組むか、プロジェクトとして複数人で取り組むか、という二つのやり方があります。一人で取り組む場合には、とにかく自分で頑張ってみればいいのですが、プロジェクトとして複数人で取り組む場合には、まず、役割分担をする必要…

「デジタルアーカイブ」で全文テキストデータをうまく継承していくには

TEI

デジタルアーカイブ学会が設立されて第一回の学術大会が開催され、ジャパンサーチ(仮称)がその姿をみせつつあるなど、デジタルアーカイブが再び脚光を浴びつつあります。しかしながら、我が国ではデジタルアーカイブは以前にもブームになったことがありま…

写本や貴重書等の書誌情報の書き方について(TEI/XMLのご紹介)

TEI

最近、メタデータの書き方について相談を受けることが多いので、今回は、写本や貴重書的な資料の書誌情報の書き方に関して、ちょっと事例を紹介させていただきます。 テクスト資料のデジタル化に関しては、いわゆるISOのような規格ほどかっちりとしたもので…